事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

新たに中型免許を取得した息子に頼まれて、1週間ほど前に車を貸したところ、事故を起こしていたことがわかりました。事故の相手から自宅に修理代の請求の電話があり、初めて知りました。スーパーの駐車場内での軽微な事故であるのですが、軽微な事故であったからと、警察もよんでいないようです、どのようにしたらいいのでしょうか。

回答

事故情報及び現場でのやり取りの確認

まず、最初にやるべきことは、運転手本人に詳しい事故の状況と現場でのやり取りを確認することです。
具体的に「こちらで修理代は払います」などと賠償する約束をしている場合には、全額保険金が払われない場合や相手との交渉が難航する場合があるので、早めにご相談ください。

警察への届け出

次に、警察への届け出をすることです。
後日でも警察の事故受付は可能です。ただし、警察では、『相手と一緒に』警察に届け出に来るように指示される場合が一般的です。
相手が届け出に応じない場合には、当社(保険会社)及び警察に今後の進め方を相談ください。

道義的対応

対応が遅れたことに対して、道義的な意味でのお詫びは必ず行ってください。ただし、それを理由とした相手からの金銭的な賠償要求等には応じてはなりません。
あくまでも遅れたことへのお詫びにとどめておくことが大切です。
特に加害事故の場合には、お詫びがないと、誠意のない対応と思われ、解決が長引く要素にもなります。