事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

同居している19歳の子どもが、「大学に通うために車を使いたい」と言うので車を貸したところ、衝突事故を起こしてしまった。自動車保険は運転手の範囲を「家族 」、年齢条件を「35歳以上」で契約しているが、子どもの事故を補償してもらえないだろうか?

回答

残念ですが、代理店ではお力になることができません。

自動車保険には、運転する方に制限を設け保険料を安く抑える特約(保険会社によって特約の名前が異なります)のうち、代表的なものが以下の二つになります。

1.運転者家族限定特約
2.運転者年齢条件

この二つの特約はいわば、保険会社とお客様の間で取り交わす約束となります。

今回の事故のように
1.運転者家族限定特約を利用し、運転者を「家族に限定」し、割引を受けた。
2.運転者年齢条件を利用し、運転者の年齢条件を「35歳以上」にし、割引を受けた。
という限定の内容でご契約いただいた場合、保険会社と「契約したお車の運転手が事故を起こした場合、その方が被保険者の「家族」で「35歳以上」の事故の場合、補償させていただきます」と約束を取り交わしたことになります。
今回のような事故では、お子様は2の「運転者年齢条件」の対象外となりますので、お客様には大変申し訳ありませんが、お力になるのが難しくなります。 お子様がお車を運転する機会のある方は、一度、自動車保険契約の見直しをお勧めします。