事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

駐車していた車にぶつかってしまい、相手より40万円の修理費用を請求された。自動車保険の対物賠償責任保険で支払ってもらおうと思ったが、相手自動車はかなり古いものらしく、現在の市場価格は20万円だと聞いている。自動車保険では現在の市場価格までを上限に修理費が支払われると聞いているが、どうにか、修理費40万円全額を支払ってもらえないだろうか?

回答

ご契約時に『対物超過修理費用補償特約』を一緒に申し込んでいただいておりますので、全額補償することは可能です。

ご契約いただいている自動車保険の内容
対物賠償:無制限(免責金額無し)に『対物超過修理費用補償特約』を付帯
※『対物超過修理費用補償特約』は、保険会社によって特約の名称が異なる場合があります。

今回のケースの場合、ご契約時に『対物超過修理費用補償特約』を一緒に申し込んでいただいておりますので、全額補償することは可能です。
まずは、「対物超過修理費用特約」について簡単にご説明させていただきます。
対物超過修理費用特約は、以下の条件を満たした際、相手自動車一台につき、50万円を上限に相手自動車の市場価格を超過した修理費用をお支払いできる特約です。

@相手の損害物が自動車の場合
A相手自動車の修理費用がその自動車の現在の市場価格を超えた場合
B相手が自動車を修理する場合

以上の条件を満たした際、相手自動車一台につき、50万円を上限に相手自動車の市場価格を超過した修理費用をお支払いさせていただきます。

今回のケースの場合、過失割合はお客様:相手方=100:0となりますので、相手車両の現在の価格20万円に超過した修理費用の20万円も合算した40万円をお支払いさせていただきます。