事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

右折信号がある交差点で、右折待ち後に黄色信号で右折したところ、相手車両が黄色信号で直進してきたため接触した。

回答

過失割合は 30:70(自車:相手車)

今回の事故状況では 自車両は青信号で交差点に進入相手車両は黄信号で交差点に進入していることから、相手の方の過失が大きくなります。接触直前の信号の色が同じ黄色信号であることから、直進車両が優先されると思われがちですが、相手の直進車が停止信号に変わってから右折を開始することは一般的な交通ルールであることから右折車の過失が少なくなります。自車両にも過失が30%とされている理由は、右折待機車は対向直進車の動静を確認することは比較的容易であるとされているためです。下記表は交差点内での事故の過失割合となっております。一部ではありますが、ご参照ください。

信号のある交差点における直進車と右折車との事故(過失割合)


交差点は最も事故が起こりやすい場所で、信号の変わり目での事故が多いため解決が非常に困難になる場合があります。今回のケースでも判例上は上記の過失割合となりますが、相手車両は黄色信号で交差点を進入していたとしても、青色で進入したと主張し、双方の主張に相違が生じ解決に時間がかかることが多いです。どちらの主張が正しいかを立証することは事故の一部始終を目撃していた証言者がいない限り非常に難しいです。事故状況の主張の相違がみられるような場合で、目撃者がいるときは名前と連絡先をしっかりと聞いておきましょう。