事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

私は、会社の出勤途上赤信号で止まっていたところ、後続車に追突を受けました。
通勤途上であるので労災申請し、労災より給付金を貰いました。
ところが、相手と示談する段になって賠償の金額から労災保険で貰った分を差引かせて下さいとの申し出がありました。
労災保険は自分の会社の保険なのに、相手が支払うべき賠償額から差し引くことに納得がいきません。

回答

労災保険を運営する政府(厚生労働省)は、加害者(事故の相手)がいた場合、労災保険より支払った金額をその加害者に対して、請求します。
したがって、加害者は、労災保険より請求を受けたとき、支払いをするためにお金を準備することになります。
いわば、その支払のために賠償額から労災保険で支払われたお金に相当する額を被害者に支払わず、保留することになります。
労災保険は加害者があるような事故(第三者行為災害)では損害賠償としてはたきます。すなわち、被害者は労災保険の給付金と加害者の賠償金の両方から支払を受けることには出来ないといえます。このことを、損益相殺と言います。


・労災保険に関して、もっと詳しく知りたい方はこちら(厚生労働省HP労災保険に関するQ&A)を参照ください。