事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

 私は、戸建ての住宅団地に住んでいる妹に用事があって車で行きました。妹の家の前の道路に止め、用事を済ませ30分も経っていないのに駐車違反としてキップを切られました。歩車道の区別のない道路ですが、駐車禁止の規制もなく他の車が右側を通過する幅は充分あります。ただ、路側帯があり路側帯を跨いだ形で止めていることを指摘されました。清閑な住宅地で、車の往来もほとんどないに等しいのに、なぜ駐車違反になるのでしょうか。

事故状況図はこちら

回答

 道路交通法では、「道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、云々…」(法第一条)と目的が規定されています。このことより、車の停車・駐車についての規定もあります。
 車を止めるときは、道路の左端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないように車の右側の道路上に3.5メートル以上の余地がないといけないとか、道路左側に路側帯があるときは路側帯に入ってはならないなど規定されています。
 確かに路側帯を跨いでいたら通行人の進路を妨害することになると思います。
 よく右側に止めてあって、びっくりすることがありますが、これも当然駐車違反と考えられます。
 また、住宅団地で恒常的に長時間駐車をし、車庫代わり状態の車も見受けますが、お互い気をつけたいものです。

参考:参照:道路交通法 第一条、第四十五条、第四十七条