事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

片側4車線の道路で自車が第一車線を走行中、交差点内で直進専用の第2車線自車の右前方を走っていた相手車両が急に進路を変えて左へ曲がってきました。
「危ない」と思った時にはもう遅く、衝突していました。
このような左折できないレーンから急に左折して、自車の進路を妨害された事故はこちらも過失があるのでしょうか。

事故状況図はこちら

回答

車両はみだりにその進路を変更してはならず(法26条の2第1項)また、車両は進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならないとされています(同条2項)。
基本的には自車に過失が少ない事故と思われますが、自車も相手車が右前方を走行していたことを認識しているので、進路変更を察知し、回避、減速を行わなかったことにより過失があるとされる場合もあります。