事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

車同士が衝突し、センターラインオーバーした側の助手席男性が死亡した事故について、対向直進車にも責任があるとして、4,000万円の損害賠償判決がありました。(福井地裁)
相手がセンターラインを越えてきたのに、何故、損害賠償の責任があるのでしょうか。

回答

 本件判決では、衝突した対向直進車は、前に2台の車がいて、その2台はハンドル操作で事故を回避している。また、左方の歩行者に気をとられ、歩行者を追い越したあとも左方を見ており、センターオーバー車の発見が遅れたとの指摘をしている。
 その上で『対向車側に過失がないともあるとも認められない』と判断する一方、 無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき『賠償する義務を負う』と認定。対向車側に4,000万円余りの損害賠償を命じています。
 このたびの福井地裁の判決は大変話題になっており、詳細は、判決文をお読みいただきご考察頂ければ幸いです。

 参照:自動車損害賠償(自賠法3条)
 自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。
 ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。