事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

 夜22時頃、ガソリンスタンドの出入口から右折する為、2車線の左進行方向道路を横断し、同じく2車線の右進行方向道路の歩道側の車線へ右折しました。その際、後方から直進してきたバイクが私の車を避けようとして転倒し頭部を負傷、救急車で搬送される結果となりました。
 左へ進行している道路は信号待ちで渋滞していました。その車間を通り、センターライン手前で一時停止をせず右折した為、このような事態を招いてしまったのかもしれません。しかし、接触したわけではなく、相手は勝手に転倒した為、この事故で私自身に責任はないと思いますが、責任はあるのでしょうか。


事故状況図はこちら

回答

 結論としては、責任があると考えます。
 今回のケースおいてバイクの運転手側から見れば、自車線を走行中に急に相手車が出てきたので、衝突しない様回避する為、やむを得ず起こった事故といえるでしょう。
 今回のようなケースでは、車両同士の接触はありませんが、接触したもの(衝突事故と同様)と想定した上で過失割合を考えます。
 過去の裁判例より、道路の外から道路に出ていく車と、道路直進中のバイクとの事故は、自動車90%、バイク10%となります。その他、修正要素があればそれを加味し話し合いにより解決することになります。(判例タイムズ【218】参照)。
 本ケースのような相手車から見通しの悪い場所で右左折する際は、一時停止し、左右を十分に確認した上で走行するよう心掛けることにより、未然に事故を防ぐことができます。
接触がない事故であっても、上記のように重い過失責任を負うことになりますのでご注意下さい。

判例タイムズ…交通事故の過失割合を協議するときの資料。一般の示談・弁護士の示談で使いますが、裁判でも認定基準とされています。