事故例

トップページ > 事故例

自動車

質問

友人から借りた原動機付自転車で走行中、信号機・停止線がなく、同じ道幅の交差点に進入した際、左から進入してきた車と接触した結果、全治一カ月程度のケガを負いバイクは大破してしまいました。
契約している自動車保険の証券内容を確認したところ、ファミリーバイク特約の自損型に加入しているようです。私自身の治療費やバイクを弁償する費用に対し、保険金は支払われるのでしょうか。

回答

残念ながらあなたのケガも借りていたバイクの修理代も支払われません。

ファミリーバイク特約とは、バイク(125cc以下の原付自動車)で事故を起こしたとき、相手のケガ(対人)や相手物の損害(対物)を対象に補償しようという保険です。それと、自分が事故でケガをしたときもそのケガを補償することになっています。ついては、乗っていたバイクそのものの修理についてはそもそも補償の対象としていません。

又、今回のファミリーバイク特約は、自分のケガについて「自損事故」の時だけ補償するタイプで保険を付けているということなので自分のケガについても対象外ということになります。

保険料は高くなりますが、バイク(125cc以下の原付自動車)を利用される機会が多い方は、今回のような事故でも補償される人傷型への加入をお勧めします。