事故例

トップページ > 賠償 > ペットが他人にケガをさせた時

賠償

賠償責任保険 事故事例
事故状況
飼い犬が家を抜け出して、通行人にかみついたもの
被害者
50代女性
被害者のケガの状況
足や腕など全身にかみつかれた跡がある。

上記事故でかかるおおよその費用は
入院費 60日分 = 900,000円
退院後の治療費・リハビリ費用 3年間分 =540,000円
自宅から病院までの往復交通費 3年分 = 360,000円
休業損害 291,600円 × 1年分 =3,499,200円
後遺症認定 9級認定された場合 逸失利益13,807,493円 + 慰謝料2,450,000円(自賠基準)=16,257,493円
賠償責任額合計 21,556,693円

上記の事故の場合、治療費、病院へ行く際の交通費、仕事を休んだ場合の休業損害、慰謝料、後遺障害などが発生します。
大型犬、中型犬が人にかみついたとしたら、重傷を負わせることは十分考えられます。そうなったときに賠償責任保険に入っておらず、自身で賠償金を負担するとなると、経済状況によっては相手への十分な賠償をすることが出来ないばかりではなく、自身の生活も破たんする可能性があります。
最悪のケースとして、犬が相手の両目を失明させた場合、6,000万〜7,000万円以上の損害賠償義務が発生する可能性があります。
個人賠償責任保険は、単体では販売されておらず自動車保険、傷害保険や火災保険などとセットで販売されております。
年間1,000円〜2,000円程度の保険料で、日常生活の幅広いリスクに備えることが出来ます。