事故例

トップページ > 賠償 > 自転車駐車時に壁を破損

賠償

賠償責任保険 事故事例
事故状況
自転車を駐車する際に、誤って倒してしまい建物の壁を傷つけたもの
賠償金額
32,000円

自転車での賠償事故は近年、急激に増加しており、賠償金も高額になるケースが増えています。上記の事故ではそれほど大きな損害は出ていませんが、ちょっとした気の緩みが大きな賠償事故に発展するケースが多発しています。いくつか事例を紹介します。

・自転車で自動車の傍を通りすぎようとして、自動車に接触してしまい傷をつけてしまった。
賠償金額 400,000円(相手の車が高級車であった場合などは、ちょっとした傷でも修理が高額になる可能性があります。)

・自転車で走行中、高齢者の歩行者に気付かずに接触してしまい骨折や打撲などの大怪我を負わせてしまった。
賠償金額 6,080,000円(治療費、後遺障害などの賠償責任が発生します。)

自転車での賠償事故のリスクは個人賠償責任保険でカバーできます。日常生活の幅広いリスクに備えることが出来ます。補償額を高めに設定したとしても、それほど大きく保険料は変わらないため、補償はできるだけ手厚くして頂いた方が、安心です。

前述したように自転車事故の賠償額は高額化しているにもかかわらず、依然として自転車事故に対する危機意識は薄いままです。自転車に頻繁に乗られる方で、賠償リスクへの補償がされていない、もしくは不十分な方は、ご加入いただいている保険内容の見直しをお勧めします。