事故例

トップページ > 賠償 > 建築業事故事例

賠償

賠償責任保険 事故事例
請負業者賠償責任保険
事故状況
マンションの改修工事の請負作業をしていた際に塗料が飛んで下の駐車場に止まっていた車5台を汚損させてしまった。
車両5台の修理費用
洗車、塗装等 計¥543,210
支払額
¥543,210

※請負業者賠償責任保険とは請負業務中の事故及び請負業務を行うために所有、使用または管理している施設が原因となり、他人にケガをさせたり(対人事故)、他人の物を壊したり(対物事故)したために、被保険者(保険の補償を受ける方)が法律上の賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。

塗料飛散の事故は弊社にも過去に一つの事故で50台以上の車両の損害を与えた事案も発生しております。最も多い事故の状況は駐車していた車に塗料を付けてしまったもので、事故の相手が多数になることから、解決まで時間がかかり多くの問題をはらんでいます。仮に保険に入っていなかったとしたら、不当な金額の請求をされたり示談書を相手の数だけ取り付ける必要が出てきたり、時間と手間が膨大にかかることはほぼ間違いありません。このようなときに保険に入っていれば、相手から不当な請求をされることや、修理代の支払いを督促されることもなくなり、示談書の作成にあたっても適切なアドバイスが出来ることから、早期解決が見込め、相手とのトラブルも極力避けることが出来ます。事故があった際に保険で修理金額をカバーするだけではなく、時間と労力などの負担を減らすことがこの保険の一番のメリットではないでしょうか。