事故例

トップページ > 傷害 > 自転車転倒によるケガ

傷害

傷害保険 事故事例
事故状況
自転車で走行中転倒し、左手首を骨折したもの
ケガの状況
左手首の関節の骨折
治療期間
2カ月ギプス固定(ギプス固定箇所は手首の関節付近)、固定期間以外に約20日通院

◎上記のケガをした場合にかかる費用
治療・リハビリ費用 1回あたり1,500円(初診時にレントゲン撮影、ギプス固定などがあり14,000円〜16,000円程度かかります。
1,500円は完治までにかかった治療・リハビリ費用の1日平均です。) × 25回=37,500円
病院までの交通費  1回あたり 500円(往復電車賃)× 35回= 17,500円

合計 67,500円 程度の費用がかかります。

◎上記事故で支払われる保険金
通院保険金日額 ¥2,000

傷害保険は契約のときに設定した保険金額(死亡保険金、入院保険金日額、通院保険金日額)が傷害事故発生時に定額で支払われます。また今回の事故はギプス固定期間があるため、支払われる保険金の扱いが通常と異なります。傷害保険では、(注1)ギプスの固定箇所によっては、固定期間を通院しているものとして、通院保険金が支払われます。上記事故の場合、60日間ギプス固定があるため、¥120,000(ギプス固定期間中に通院したものは重複して支払われませんので注意が必要です。)と通院期間の¥40,000併せて¥160,000が支払われます。

(注1)ギプス固定が認められる基準としては、ギプスで固定された場合、日常生活に支障をきたすと思われる箇所が固定(今回は手首の関節を固定しているためギプスを付けた場合、動かせる範囲が著しく制限されるためギプス固定期間が通院扱いになった)された場合にその固定期間の間、通院しているものとみなされます。