事故例

トップページ > 傷害 > キノコを食べて食中毒

傷害

傷害保険 事故事例
事故状況
同僚から、「キャンプ中にキノコを食べて食中毒になり入院したことがあるけど、その時は傷害保険金が支払われたから助かった」という話を聞いた。食中毒も傷害保険の支払対象となるのか教えてほしい。
お客様の補償内容
普通傷害保険に加入
入院日額:10,000円
通院日額:5,000円

今回のケースではお支払いの対象となります。

一般的に、「食中毒」という言葉から連想される「O-157」や「サルモネラ菌」等を原因とする「細菌性食中毒」や「ウイルス性食中毒」は傷害保険のお支払いの対象となりません。
しかし、今回のように動・植物食等の自然毒(毒キノコ等)を偶然かつ一時的に摂取し、食中毒が急激に発生した場合には、傷害保険の補償範囲内に該当する場合があります。
ただし、保険会社によっては、自然毒による食中毒が最初から補償の対象外となる場合がありますのでご注意ください。
話を戻しますが、同僚の方は、キノコを口にされて食中毒になられたために、傷害保険の対象になったものと思われます。
例えば、お客様が偶然口にされた野草やキノコが原因で食中毒にかかり、1日入院されて、3日通院された場合、お支払いさせていただく金額は以下の通りとなります。

入院日額:10,000円 × 1 日 = 10,000円
通院日額:5,000円 × 3 日 = 15,000円
合計金額:25,000円

アウトドア等で自生した動植物を口にする機会がある方は、食中毒に十分ご注意ください。