事故例

トップページ > 傷害 > 仕事終わりの帰宅中にケガ

傷害

傷害保険 事故事例
事故状況
会社で従業員のために入っている傷害保険は就業中のみを担保していると思うのですが、従業員が仕事終わりの帰宅中にケガをしてしまった場合補償されますか。

今回の事故の場合には、補償の対象となります。

就業中のみ担保特約とは、従業員の方が就業中にケガをした場合のみに限定して補償することで保険料を抑える特約です。この特約を付けた場合、従業員の方がプライベートでケガをした際には補償されません。

今回のポイントは通退勤時が就業中とみなされるかどうかという点にありますが、傷害保険では通退勤時も就業中とみなされます。

注意点としては、帰宅とは別の目的のために会社から自宅までのルートを大きく外れていた場合には、補償の対象となりません。例えば、仕事が終わり同僚と食事に行った場合などは、補償の対象とはなりません。
ただし、帰宅途上にあるスーパーで買い物をしたり、クリーニング店に寄ったりといったことであれば、通退勤ルートとみなされ補償の対象となる場合もあります。

就業中のケガを補償するものとして、労災保険がありますが、労災では通勤途上は補償の対象となるのでしょうか。結論からいえば、傷害保険同様補償の対象となります。通退勤は労災が認定する労働災害の中の通勤災害と呼ばれ、従業員が通勤により被った負傷や死亡も補償の対象となります。