事故例

トップページ > 傷害 > 自転車の危険運転に対する改正道路交通法

傷害

傷害保険 事故事例
質問
最近、自転車の法律が改正され、取り締まりが強化されたと聞きましたが、どのような内容なのでしょうか。

◎回答
悪質で危険な自転車運転者が急増し事故やトラブルも増加しているため、平成27年6月1日より改正道路交通法が施行されました。
下記の14項目を危険行為に指定し、3年以内に2回以上摘発されると自転車運転者講習の受講が義務付けられます。さらに受講しなかった場合には5万円以下の罰金が課せられます。
自転車の原則は、車道の左側通行で、自転車が走れる歩道もありますがあくまでも例外であり、歩行者優先の考え方で通行時は徐行運転をしましょう。

※危険行為とされる14項目
1. 信号無視 8. 交差点優先車妨害等
2. 通行禁止違反 9. 環状交差点安全進行義務違反等
3. 歩行者用道路での徐行違反 10. 指定場所一時不停止等
4. 通行区分違反  11. 歩道通行時の通行方法違反
5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害 12. ブレーキ不良の自転車運転
6. 遮断踏切立入り 13. 酒酔い運転
7. 交差点安全進行義務違反等 14. 安全運転義務違反


※自転車運転者講習とは?
対象者 3年以内に2回以上摘発されたもの
講習時間 3時間 
講習手数料 5,700円