事故例

トップページ > 傷害 > 火災による有毒ガスによる身体へ被った傷害

傷害

傷害保険 事故事例
質問
自宅で調理中、火災が発生したため、避難する際、有毒な煙を吸い込んでしまい一酸化炭素中毒となり病院へ入院をしました。
直接的なケガではないですが、傷害保険で対象になるのでしょうか?

◎回答
一酸化炭素中毒は有害物質の一種でもあり、身体外部から有毒ガスを一時的に吸引したことで生じて起こる事です。
火災が発生したことは偶然であり、一時的に吸入、吸収、または摂取したもので、急激に中毒症状が生じた場合であることを条件に「傷害」に含まれます。
保険の目的である、急激かつ偶然な外来事故となるため、補償の対象となります。

◎補足
急激とは、原因から結果に至る過程において、結果の発生を避けることができないほど、急迫した状態のことを言います。
また、戦争や外国による武力行使等による異常危険によって生じた有毒ガス等による傷害については約款の免責事項に挙げられており、保険の対象外になります。